FC2ブログ
Welcome to my blog

そばにいるだけで『うさぎ』のように癒される、そんな「 アクセサリー・革小物・マスコットぬいぐるみ等」を製作頑張ってます。また、お姉さん大好き♥「ロップイヤーの『ゴン君』」 のことや「うさぎ情報」も発信中!よかったら、見に来てね★

いな婆ちゃんの「うさぎいろいろ情報」…「うさぎ」にまつわることわざ3【二兎を追う者は一兎を得ず】

 ♥/(*^ x^)ノ゛オハヨ~さぎぃ~/(≧ x ≦)\
いやぁ~御無沙汰しております。寒いのが大嫌いな、
いな婆ちゃんです。(>_<)

2月も下旬に入り、やっと寒さもゆるんできそうな昨今、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今日ご紹介する「うさぎ」にまつわることわざは、
「二兎を追う者は一兎を得ず」
[読み]…「にとをおうものはいっとをもえず 」
よく耳にすることわざですがどのような意味や教訓があるのでしょうか?


『注釈』二羽の兎を同時に捕まえようとする者は、結局は一羽も捕まえられないということからいった西洋のことわざ。
 二つの物事を欲ばってどちらも失敗したり、中途半端に終わるものである。また、一つの物事に集中せずあちらこちらに気を取られることへの戒めの意味を込めて使うことも多い。
『いろいろなバージョン』
・「を」を略した「二兎追う者……」
・「は」を略した「二兎を追う者一兎も……」などなど…
『類義』…虻蜂取らず/大欲は無欲に似たり/欲の熊鷹股裂くる
『対義』…一挙両得/一石二鳥
『英文』…
left; text-decoration: none; text-indent: 0px; text-shadow: none; text-transform: none; vertical-align: baseline; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; word-spacing: 0px;">If you run after two hares, you will catch neither.(二兎を追う者は一兎をも得ず)
He that hunts two hares loses both.(二兎を追う者は両方を失う)
Between two stool the tail goes to ground.(二つの腰掛けの間で尻餅をつく)

出典:【故事ことわざ辞典http://kotowaza-allguide.com/ni/nitowooumono.html)様のサイトより抜粋しております。


新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。


新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。




(※画像は、うさぎのフラワーポットとして当ショップにて販売しております(^-^))

 このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

再販商品のご案内【シンプル名刺入れ 国産牛革・西陣織うさぎ柄使用 黒/黒 】

with-rabbit.jpg
※再販商品のご案内※
国産牛革 京都西陣織「うさぎ」柄 名刺入れ 黒/黒】

表面のインレイ(はめ込み部)に「京都西陣織りの「うさぎ」柄」を使用し、可愛いだけでなく格調高い名刺入れとなっております。また、裏側には内張りとしてシャンタン生地を使用することより、表面の西陣織の生地と相まって調和のとれた名刺入れとなっております。こちらの商品は、コバ(端)面にヘリ返し技法を使用することにより、コバに見られる革の地色を出すことなく違和感の無いようお作りしました。 
 表面・裏面がフラットなので商談中に頂いた名刺を上に置き確認しながら氏名・社名等誤認の無い商談をすること請け合いです。IMG_3140.jpg   
【縁起物のうさぎについて…】
当方がモチーフにしている「うさぎ」は見た目や生態系から、
「社交運・仕事運・恋愛運を運んでくれる」とも言われているのです!
その理由とは
1.簡単に飛びながら進んでいく姿から…「物事が問題なく解決する」
2.「春」になるとうさぎが野に出る様から…春の使者として「学業成就」や「商売繁盛」
3.うさぎは漢字で「兎」と書くことから…「免(まぬが)れる」に似ていて、悪運や厄から免れる
4.まんまるお月さま上のウサギから…人間関係の「円満」を連想させます。
5.容姿が可愛いことから…「人が寄ってくる」
6.耳がおおきいことから…情報を集め、ビジネスチャンスをつかむ
7.前にジャンプする…つねに「前進・躍進あるのみ」
8.子だくさん…「子孫繁栄」・「商売繁盛」…などなど

縁起の良い「うさぎ」柄の名刺入れを、是非利用下さいませ。 みなさまにご多幸が訪れますことを………
IMG_3141.jpg  ↑内張りはシャンタン生地で名刺の出し入れがしやすくなっております。

IMG_3144.jpg ↑片手にすっぽり入る大きさです。

IMG_3143.jpg↑コバ面(革の端の面)はヘリ返しをしており、革の地色の違和感を無くしております。 
 
商品についての詳細は下記ショップにてご覧いただけます。