ぎょえ~(>_<) うさぎって130種類もいるの、
   「紹介できるか困った困った(T_T)」と早速ピンチにおちいっている「いな婆ちゃん」です。
 
でも、一呼吸して「モフモフ130種類」と考えると、何故かうきうき♪してしまいますね。
 困難にあった時、「モフモフが○○」と考えるようにしている脳天気な「いな婆ちゃん」でもありました。

さあ!今回より「世界のうさぎ」さんたちを調べていきますぞぉ~(^0_0^)

今日は日本原産の『Japanese White(日本名:日本白色種)』です。
84343160_624.jpg
日本白色種の特徴
  • 大きさ…中型
  • 体重…3~6kg
  • 毛並みの色…白(アルビノ)
  • の他…短毛・立ち耳
  • 性格…おとなしい、でもストレスに弱くストレスを感じると不機嫌になってしまうそうです。

さらに、じゃじゃ~ん♪ 
「いな婆ちゃん」の目玉情報!
①何故、動物実験用に使用されるのか?
 写真からわかるように、大きな耳にわかりやすい血管があり、採血を行い易いため、代謝実験、免疫実験、血清試験等に用いられ、また発熱物質に対する感受性が高く、薬物や注射剤等の品質検査にも役立っているとのことです。…ありがとう白色種さん m(__)m

②どこで白色種の「種ウサギ」が飼育されているの?
 日本で最も飼われている日本白色種…では、日本白色種の血統の大元とでも言うべき「種うさぎ」はどこにいるのか?実は「(独)家畜改良センター茨城牧場・長野支場」では昭和60年より国内各地域から日本白色種の系統を飼育し、小型系の日本白色種を維持しているのだそうです。

③日本白色種には品種改良されたジャンボうさぎもいるよ!(^◇^)/
 秋田県の大仙市では品種改良された大型の種(秋田改良種:1946年に品種として登録、体重: 6-10kg)のジャンボうさぎ がおり、全国ジャンボうさぎフェスティバルでは品評会も開かれているそうです。…是非いってみたぁ~い(●^o^●)

秋田大学 バイオサイエンス教育・研究サポートセンター様のサイトに比較写真があったので
ご紹介します。左:秋田改良種・右:日本白色種です
AKT.jpg
大きいですね(@_@;)…「モフモフしたい!」と思ったのは「いな婆ちゃん」だけではないはず^_^;

では、今日はここまでです。次回はどの国うさぎさんを紹介しようかなぁ~

japan.jpg
関連記事
ウィズラビット
Posted byウィズラビット

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply