初めまして、うさぎ大好き♥でも、うさぎのことにをあまり知らない、おばあさんの格好をした変なおっさんの「いな婆ちゃん」です。別に認知症になったわけじゃありませんよぉ^_^;

 これから、うさぎについていろいろ調べていき、もっとうさぎさんと仲良くなりたいと思います。
みなさんよろしくおねがいします!m(__)m

 思えば、いな婆ちゃんが初めてうさぎと出会ったのは、今から100年前!…おっと失礼!生まれておりませんでした^_^; 
50年ぐらい前に小学校で飼育されていた白ウサギがそうでした。

今日はこの白ウサギについて調べたいと思います。
(画像はWeb上より拝借しております。また、記載の情報はWikipediaをはじめ、Web上で調べた内容を基にしております。)

84343160_624.jpg

 白ウサギ…正式な名称は「
日本白色種」または「ジャパニーズ・ホワイト」と呼ばれ、
なんと
日本で最も多く飼育されているそうです。

 いな婆ちゃんとしてはピーターラビットで知られる「ネザーランドドワーフ」かと思っておりました(>_<)

 起源は明らかではないそうですが、日清・日露戦争のころに
食肉や毛皮の需要が高まり、より大型で染色が容易な白色の毛皮が求められた結果、それまでの在来種とニュージーランド・ホワイト種や白色のフレミッシュ・ジャイアント種などの外来種との交雑が進み、こうしてアルビノを品種として固定され生まれたようです。

 悲しいことですがある意味、戦争によって生み出されたうさぎさんだった訳ですね(T_T)

 あれ?明治時代以降に生み出された「白ウサギ」…でも、それよりずっとお昔のお話に「因幡の白兎」ってありますよね。この白兎とは何を指しているのか?この点は次回まで調べてみたいと思います。







関連記事
ウィズラビット
Posted byウィズラビット

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply